ナオのブログ

カードゲームのことを気の向くままに書きます!MTGアリーナ(超初心者)、ポケモンカード(コレクションのみ)、デュエプレをやっています。

影さす太枝のニッサを使いたい!緑黒・再来デッキ【MTGアリーナ】

ゼンディカーの夜明けの顔なのに、全然使われていないニッサを使いたい!!!

優秀な能力を持っているはずなのになぜか使われていないニッサを使うべくデッキを組んだので紹介します。

※まだMTGアリーナを始めて10日ほどなので、言葉の誤り、めちゃくちゃなロジックなど至らない点も多々あると思いますがどうかご容赦ください🙇‍♂️

目次 

 デッキ内容

f:id:nao_70:20210126010524p:plain

 

 

デッキリスト(コピーするとMTGアリーナにインポートできます) デッキ
1 自然への回帰 (THB) 197
9 沼 (KLR) 293
4 ラノワールの幻想家 (M21) 193
3 再来 (IKO) 177
10 森 (KLR) 300
3 影さす太枝のニッサ (ZNR) 231
3 髑髏の予言者 (IKO) 206
1 疾病の神殿 (M21) 253
3 血の長の渇き (ZNR) 94
2 無情な行動 (IKO) 91
1 忘却の虚僧 (ZNR) 118
4 ジャングルのうろ穴 (M21) 247
1 長老ガーガロス (M21) 179
1 怪物の代言者、ビビアン (IKO) 175
3 豆の木の巨人 (ELD) 149
1 茨のマンモス (ELD) 323
1 変わり樹の共生 (ZNR) 215
1 鎖を解かれしもの、ポルクラノス (THB) 224
1 虐殺のワーム (M21) 114
2 取り除き (M21) 97
3 タイタノス・レックス (IKO) 174
2 自然への回帰 (ELD) 173

 

 

 

キーカード紹介

  1. 影さす太枝のニッサ

    このカードを使うべくこのデッキを組みました。笑
    (出典:MTG公式
    上陸スキルを持っており、土地を出すたびに忠誠カウンターを1個置けます。
    +1能力は「土地をアンタップして、速攻と威迫を持つ3/3のクリーチャーにしてもよい」で、
    -5能力は「マナコストが土地の総数以下のクリーチャーを、+1/+1カウンターを2個置かれた状態で手札か墓地から召喚する」というものです。

    影さす太枝のニッサが強い点として、
    ・3/3の威迫持ちを毎ターン作れる
    ・土地をアンタップすることで、追加で呪文を唱えられる
    ・上陸させることで-5能力をすぐ使える
    が挙げられます。
  2. タイタノス・レックス

    (出典:MTG公式
    このデッキのエースです。ゴジラ版のイラスト(右)があります。
    11/11という驚異的なパワーに加えて、サイクリングで自分から墓地に行ってくれるため切削して落とす必要がない点も優秀。序盤ではドロー手段として使えます。
    墓地から復活させるコンセプトのデッキを探していた時に、このカードを主軸にした蘇生デッキを組んでいる方を見つけて参考にしました。

  3. 墓地から蘇生する呪文

    ニッサの-5能力が決まらない場合も多々あるため、その他の復活手段を用意しています。(ニッサより再来の方がよく使う...真のキーカードかも笑)
    再来
    (出典:MTG公式
    墓地から戦場に戻すだけでなく、相手のクリーチャーと格闘を行います。大型クリーチャーを戻すことがほとんどなので、格闘で1体除去できるのも強いです。

    忘却の虚僧
    (出典:MTG公式
    キッカーして6マナ支払って召喚することで墓地からクリーチャーを1体復活させます。序盤に引いても2マナで出せる威迫・絆魂持ちなので、時間稼ぎ要員としても優秀です。数値が低いのは弱点ですね。
  4. タイタノス・レックス以外のクリーチャーたち

    豆の木の巨人
    (出典:MTG公式
    パワーとタフネスが土地の総数と等しいので、後半になるほど強くなっていきます。クリーチャーとして優秀なだけでなく、3マナで打てるマナ加速呪文としても重宝します。

    虐殺のワーム
    (出典:MTG公式
    小型クリーチャーやトークン、硬鎧の大群コピーが大量に並んだ状況を一気に覆すことができます。

    長老ガーガロス
    (出典:MTG公式
    到達・警戒持ちで、攻撃orブロック時に「トークン生成/1ドロー/3点回復」から1つ選べる便利なカード。

    茨のマンモス
    (出典:MTG公式なぜか英語版しかなかった…
    自身や他のクリーチャーが戦場に出た時、相手クリーチャーと格闘します。

方針

序盤は除去呪文で凌ぎながらマナと手札を整えて、中盤から優秀な中型〜大型クリーチャーで圧倒するプランです。

クリーチャーを召喚する手段として、

  • 墓地から蘇生:ニッサ、再来、忘却の虚僧
  • マナ加速して素で召喚:豆の木の巨人

の2通りを組み合わせます。

 

このデッキの課題

相手への対応が除去呪文頼みになっている

クリーチャーの回収・復活手段は十分あるものの、インスタントやソーサリーを回収できません。そのため、序盤に除去呪文を連打してしまうと、中盤以降に出てきた相手のキーカードに対処できなくなります。

また、手札に除去呪文が全然来ず、押し切られて負けるパターンが多くあります。 

クリーチャーを色々入れすぎ?

色々なクリーチャーを入れた結果、必要な時に必要なクリーチャーが引けません。

「虐殺のワームを引けたら勝てるのに…」
「相手が飛行クリーチャー並べているのに長老ガーガロスが引けない!」

などなど、カードの引きに左右されることが多いと感じます。

最後に

まだまだMTGを始めたばかりなので、楽しくプレイしながらデッキを改良していきたいと思います!コメントでアドバイスいただけるととても嬉しいです☺️