ナオのブログ

カードゲームのことを気の向くままに書きます!MTGアリーナ(超初心者)、ポケモンカード(コレクションのみ)、デュエプレをやっています。

新カード「冬の神、ヨーン」がカッコよすぎる件【MTGアリーナ】

MTGに新弾『カルドハイム』が来ましたね!🙌 自分も早速パックを開封してデッキ構築を楽しんでいます。

 

そんな中、『カルドハイム』のとある超イケメンカードに一目惚れしてしまいました。その名も「冬の神、ヨーン」


(出典:MTG公式

ワイルドな顔付きに、「神」らしい尊大なポーズがめちゃくちゃカッコいい!!!

そんなクールを絵に描いたようなキャラなのに、可愛いオコジョたちが懐いているギャップもたまらないですね。

 

「冬の神、ヨーン」の能力

ヨーンは能力もド派手で、攻撃するたびに氷雪パーマネントをアンタップできます。この能力により、自分の氷雪クリーチャーは実質「警戒」持ちになるわけです。

ヨーンの強みはそれだけではありません。自分のターン終了前に、追加でクリーチャーやソーサリーなどを唱えたり、さらにはアーティファクトの効果をもう一度使えたりと、まるで追加ターンをもらったかのような動きができます。

 

また、このカードは両面カードになっており、裏面は「霧氷杖、カルドリング」というエンチャントになっています。これは、墓地から氷雪パーマネントをプレイできるようにする能力があり、氷雪デッキの潤滑油になってくれる優秀なカードです。

伝説のクリーチャーは複数枚手札に来ると腐ってしまいがちですが、両面使えるので有効活用できるのはありがたいですね。

 

MTG公式サイトでは、この「冬の神、ヨーン」を使ったデッキが紹介されています。ぜひ参考にしてみてください!

mtg-jp.com

「冬の神、ヨーン」を使ってみた感想

実際にヨーンを使ったデッキを組んで対戦してみたところ、攻撃が決まるとめちゃくちゃ強かったです!手札が整っていると、氷雪土地をアンタップして盤面を一方的に支配することも可能です。
ただ、「冬の神、ヨーン」には弱点もあると感じました。

  1. 氷雪で揃えると動きが限られる

    ヨーンの能力を最大限に活かそうとすると、氷雪クリーチャーで揃えるのが定石だと思います。しかし、スタンダード環境ではクリーチャーの選択肢が限られているように感じました。

    これは自分のカード資産が少ないせいもあるかもしれないので、一概には言えないですが...😅

  2. 除去されやすい

    ヨーンは能力が派手な分、ヘイトを集めるため除去されやすいです。

    アンタップ効果は「攻撃するたび」なので、手札にもう1枚ヨーンを持っていたとしても、戦場に出してから効果発動までに1ターンかかってしまいます。 伝説のクリーチャーのため複数体並べることもできないので、除去への弱さはネックですね。

そうは言っても、攻撃時に氷雪パーマネントがアンタップされる効果はめちゃくちゃ強いです。氷雪土地もアンタップできる点に着目して、クリーチャーを氷雪以外の強いやつ(長老ガーガロスとか)も組み合わせたデッキにしてみようと思います。

最後に

 超イケメンカード「冬の神、ヨーン」は、見た目だけでなく能力もイケてるカードです!ぜひ「冬の神、ヨーン」を対戦で使ってみてくださいね。