ナオのブログ

カードゲームのことを気の向くままに書きます!MTGアリーナ(超初心者)、ポケモンカード(コレクションのみ)、デュエプレをやっています。

《星界の大蛇、コーマ》を軸にスゥルタイランプ組んでみた!【MTGアリーナ】

MTGアリーナのカルドハイム環境、毎日楽しくプレイしています!
今回は、自分が今使っているスゥルタイ(黒緑青)ランプのデッキ紹介と構想、調整録を書きたいと思います。

 

目次

 

f:id:nao_70:20210218175604p:plain

 デッキリスト

クリーチャー(6枚)
2《星界の大蛇、コーマ
1《岩山鎧のベイロス
1《長老ガーガロス
2《結晶の巨人
その他の呪文(28枚)
3《アールンドの天啓
1《キオーラ、海神を打ち倒す
4《古き神々への束縛
2《精神迷わせの秘本
3《多元宇宙の警告
4《耕作
3《無情な行動
1《魂の粉砕
3《否認
4《杯に毒
土地(26枚)
6《島》
9《沼》
4《森》
1《神秘の神殿
3《樹皮路の小道
1《闇孔の小道
2《ゼイゴスのトライオーム

デッキの構想

現在、環境では「スゥルタイ根本原理」という《出現の根本原理》を主軸に据えたデッキが流行しており、大会等でも結果を残しているみたいですね!しかし、今回は《出現の根本原理》を搭載していないスゥルタイランプデッキを組んでいます。

《出現の根本原理》を採用しない理由

1. 《星界の大蛇、コーマ》を主軸に据えたい

星界の大蛇、コーマ》は、新弾『カルドハイム』で登場した神話レアの伝説クリーチャーです。

各アップキープの開始時(相手のも!)に、「コーマの分体」という3/3の海蛇トークンを1体生成します。このトークンを含む海蛇クリーチャーを生贄に捧げることで、
1. 星界の大蛇、コーマ》に破壊不能を付与する
2. パーマネントをタップし、起動型能力を封じる
のいずれかの効果を選べます。また、打ち消されない能力付きなのも嬉しいです。

「コーマMTG」の画像検索結果

この《星界の大蛇、コーマ》をキーカードに据え、「コーマの分体」トークンを並べて破壊耐性を付けながら殴り勝つ、という流れをゲームプランの1つにしたい!

しかし、今話題の《出現の根本原理》は単色のカードしか出せないため、青緑の多色カードである《星界の大蛇、コーマ》と相性が悪いです。

そういった理由から、《出現の根本原理》を採用しない方針で考え始めました。

2. 打ち消し呪文が多い

新弾『カルドハイム』では、予顕できる優秀な打ち消し呪文《襲来の予測》が登場しました。このカードをはじめ、環境には多くの打ち消し呪文が溢れています。

通せればゲームを決められる《出現の根本原理》ですが、打ち消し呪文には無力です。相手のマナや手札が切れるタイミングを伺ったり、こちらも打ち消し呪文を構えて相手に対抗したりと、《出現の根本原理》を通す上で打ち消し呪文を念頭に置く必要があります

一方、《星界の大蛇、コーマ》とサブのフィニッシャーに採用した《岩山鎧のベイロス》は打ち消されない能力を持っており、打ち消し呪文を恐れることなく唱えられるのです。

 

《空を放浪するもの、ヨーリオン》を採用しない理由

現在、大会で結果を残しているスゥルタイカラーのデッキでは《空を放浪するもの、ヨーリオン》が多く採用されています。その採用実績が示す通りとても優秀なカードではあるのですが、今回デッキを組む上では不採用にしました。

1. 英雄譚の再利用以外にメリットが感じられない

「スゥルタイ根本原理」デッキで《空を放浪するもの、ヨーリオン》が採用されているのは、優秀な英雄譚(特に《古き神々への束縛》)を再利用するのが主な目的かと思います(他にありましたらすみません)。

しかし、デッキの軸に据えたい《星界の大蛇、コーマ》や《岩山鎧のベイロス》は《空を放浪するもの、ヨーリオン》の能力とはシナジーがありません。
英雄譚《古き神々への束縛》の再利用のために《空を放浪するもの、ヨーリオン》を唱えるには、「3マナで手札に加える」+「5マナで唱える」と合計8マナかかります。それならば他の除去呪文を採用すれば十分ではないか?と感じました。

2. 欲しいカードを引きやすくしたい

《空を放浪するもの、ヨーリオン》を相棒にするためには、スタンダードではデッキの枚数を80枚以上にする必要があります。デッキ枚数を増やすメリットも多々あるとは思いますが、自分は「欲しいカードを引く確率が下がる」という点がデメリットのように感じました。

 

キーカード紹介

星界の大蛇、コーマ》

「コーマMTG」の画像検索結果

上でも紹介した通り、このデッキの主軸かつ最強のフィニッシャーです。6/6とサイズは申し分なく、トークンを捧げて破壊耐性をつけられます(追放には無力ですが…笑)。

クリーチャー主体のデッキに対しては、《星界の大蛇、コーマ》のトークン生成により一方的に盤面を支配できます。

弱点は、追放除去へ耐性がない点と、着地したターン中は基本的に破壊耐性がない点です。前者は、呪禁を持つ《岩山鎧のベイロス》を採用することである程度カバーできています。後者は現状《否認》くらいしか対策がないため、ここから調整していこうと思います!

《岩山鎧のベイロス》

サブのフィニッシャーとして採用しました。打ち消されない上に呪禁を持っており、キッカーした場合10/10で戦場に出る、と非常に優秀です。

追放除去に弱い、という《星界の大蛇、コーマ》の弱点を補ってくれています。

《アールンドの天啓》

飛行を持つ1/1のトークンを2体生成し、追加の1ターンを行います。痒いところに手が届く、非常に優秀な呪文です。
予顕して6マナで唱えることで、追加ターンに《星界の大蛇、コーマ》や《岩山鎧のベイロス》といった7マナ呪文を唱えられます。飛行トークン2体で守りを固められるのも地味にありがたいです。

 

デッキ構築の経緯

実は、最初はシミック(緑青)カラーで《星界の大蛇、コーマ》のデッキを組もうとしていました。
しかし、この色だと妨害手段は打ち消し呪文が主体なので、一度盤面を作られてしまうと巻き返しづらいという弱点がありました。この弱点は赤や白のアグロデッキ、ディミーアローグといった速いデッキと対戦する際は致命的で、打ち消しきれず負けることが多々ありました。

そこで、除去が優秀な黒を入れてスゥルタイ(黒緑青)カラーにした、という経緯があります。
しかし、それでも除去しきれずに速いデッキに押し負けることがあったので、時間稼ぎ&アタッカーとして《結晶の巨人》を採用しました。この変更がかなり上手く働き、プラチナ1ではありますが68%(15勝/22戦)とそこそこ良い勝率でダイヤ帯に昇格できました。

デッキ調整で入れたカードたち

《古き神々への束縛》

古き神々への束縛》は、パーマネント除去とマナ加速を1枚でこなせる優秀な英雄譚です。

第1章では、土地でないパーマネントを破壊します。相手のクリーチャーだけでなく、エンチャントやアーティファクト、PWも除去できます。

第2章では、森カードをタップ状態で場に出せます。《ゼイゴスのトライオーム》も出せるのがありがたいです。

第3章はあまり恩恵を受けたことがないです…笑

《杯に毒》

杯に毒》は3マナのクリーチャー除去呪文です。このカードが優秀なのは予顕できる点で、予顕すれば(1)(黒)とマナ色の拘束が弱くなります。さらに、予顕してから唱えれば占術2ができる、という素晴らしいオマケ付きです。

 

最後に

今回は《星界の大蛇、コーマ》を軸に、《出現の根本原理》や《空を放浪するもの、ヨーリオン》を採用しない形でスゥルタイランプデッキを組んでみました。まだまだ改良の余地があるので、プレイしつつ調整していきたいと思います。

(P.S. ディミーアローグは早く滅んでください...😭)

 

以下をコピーするとMTGアリーナにインポートできます。

デッキ
4 耕作 (M21) 177
6 島 (KHM) 395
2 星界の大蛇、コーマ (KHM) 221
9 沼 (KHM) 396
1 神秘の神殿 (M21) 254
3 樹皮路の小道 (KHM) 251
3 無情な行動 (IKO) 91
4 古き神々への束縛 (KHM) 206
1 魂の粉砕 (ZNR) 127
3 否認 (ZNR) 71
3 アールンドの天啓 (KHM) 41
2 精神迷わせの秘本 (M21) 232
1 キオーラ、海神を打ち倒す (THB) 52
4 杯に毒 (KHM) 103
1 岩山鎧のベイロス (ZNR) 183
1 闇孔の小道 (KHM) 254
3 多元宇宙の警告 (KHM) 46
4 森 (KHM) 398
2 ゼイゴスのトライオーム (IKO) 259
1 長老ガーガロス (M21) 179
2 結晶の巨人 (IKO) 234

新カード「冬の神、ヨーン」がカッコよすぎる件【MTGアリーナ】

MTGに新弾『カルドハイム』が来ましたね!🙌 自分も早速パックを開封してデッキ構築を楽しんでいます。

 

そんな中、『カルドハイム』のとある超イケメンカードに一目惚れしてしまいました。その名も「冬の神、ヨーン」


(出典:MTG公式

ワイルドな顔付きに、「神」らしい尊大なポーズがめちゃくちゃカッコいい!!!

そんなクールを絵に描いたようなキャラなのに、可愛いオコジョたちが懐いているギャップもたまらないですね。

 

「冬の神、ヨーン」の能力

ヨーンは能力もド派手で、攻撃するたびに氷雪パーマネントをアンタップできます。この能力により、自分の氷雪クリーチャーは実質「警戒」持ちになるわけです。

ヨーンの強みはそれだけではありません。自分のターン終了前に、追加でクリーチャーやソーサリーなどを唱えたり、さらにはアーティファクトの効果をもう一度使えたりと、まるで追加ターンをもらったかのような動きができます。

 

また、このカードは両面カードになっており、裏面は「霧氷杖、カルドリング」というエンチャントになっています。これは、墓地から氷雪パーマネントをプレイできるようにする能力があり、氷雪デッキの潤滑油になってくれる優秀なカードです。

伝説のクリーチャーは複数枚手札に来ると腐ってしまいがちですが、両面使えるので有効活用できるのはありがたいですね。

 

MTG公式サイトでは、この「冬の神、ヨーン」を使ったデッキが紹介されています。ぜひ参考にしてみてください!

mtg-jp.com

「冬の神、ヨーン」を使ってみた感想

実際にヨーンを使ったデッキを組んで対戦してみたところ、攻撃が決まるとめちゃくちゃ強かったです!手札が整っていると、氷雪土地をアンタップして盤面を一方的に支配することも可能です。
ただ、「冬の神、ヨーン」には弱点もあると感じました。

  1. 氷雪で揃えると動きが限られる

    ヨーンの能力を最大限に活かそうとすると、氷雪クリーチャーで揃えるのが定石だと思います。しかし、スタンダード環境ではクリーチャーの選択肢が限られているように感じました。

    これは自分のカード資産が少ないせいもあるかもしれないので、一概には言えないですが...😅

  2. 除去されやすい

    ヨーンは能力が派手な分、ヘイトを集めるため除去されやすいです。

    アンタップ効果は「攻撃するたび」なので、手札にもう1枚ヨーンを持っていたとしても、戦場に出してから効果発動までに1ターンかかってしまいます。 伝説のクリーチャーのため複数体並べることもできないので、除去への弱さはネックですね。

そうは言っても、攻撃時に氷雪パーマネントがアンタップされる効果はめちゃくちゃ強いです。氷雪土地もアンタップできる点に着目して、クリーチャーを氷雪以外の強いやつ(長老ガーガロスとか)も組み合わせたデッキにしてみようと思います。

最後に

 超イケメンカード「冬の神、ヨーン」は、見た目だけでなく能力もイケてるカードです!ぜひ「冬の神、ヨーン」を対戦で使ってみてくださいね。

シロナのカードを紹介!優雅でクールなチャンピオン【ポケカ】

自分はポケモンのシロナがとても好きで、ポケカでも何枚かカードを集めています。

今回は、優雅とクールを併せ持つシロナのカード、そしてシロナにまつわるカードを紹介します!

シロナの魅力

漢のポケモンプラチナ実況プレイ #5(終) 【アカギ討伐、ギラティナ捕獲、シロナ戦】 - YouTube
シロナといえば、ダイヤモンド・パール・プラチナのチャンピオンですね。

自分はゲームをHGSS以外はプレイしているのですが、その中でも一番印象に残っているキャラクターです。醸し出される大人の余裕が魅力的!

また、シロナ戦はBGMも神がかっています。ぜひ聞いてみてください!

youtu.be

手持ちポケモンもセンス抜群で、ガブリアスルカリオミロカロスミカルゲロズレイド、そしてトリトドン(プラチナではトゲキッス)、どのポケモンも印象に残っています。その人気は「シロナパ」というシロナの手持ち統一でポケモン対戦するファンもいるほど。

ゲームで抜群の魅力と存在感を放つシロナですが、ポケカにおいてもファンの心をくすぐるカードが多数あります!この記事では、自分のコレクションの中からいくつか紹介します。

 

シロナSR (「ウルトラシャイニー」収録)

シロナの優雅な立ち姿と、後ろに構えるガブリアスの迫力、そして腕を組んだルカリオ(色違い)のクールさが見事に調和しています。「これぞチャンピオン!」という威厳が感じられる1枚です。

手持ちポケモンを含めたシロナの総合的な魅力を楽しみたい方にオススメです。

f:id:nao_70:20210131025056j:imageシロナ

(右はポケモンカード公式より)

シロナSR(拡張パック「ウルトラムーン」収録)

個人的に一番好きなカードです。(日本語版に加えて英語版も持っています✌️)

チャンピオンらしくビシッと決めたポーズと、優雅に流れる髪やコートの美しさが組み合わさった1枚。この「カッコよさと美しさの融合」というのは、シロナにしかない魅力なんじゃないかと思います。

f:id:nao_70:20210131025104j:imageシロナ

(右はポケモンカード公式より)

ちなみにこの指差しポーズのシロナSRが最も高額で取引されているようです(遊々亭で12800円)!自分が購入した頃は1800円ほどだったんですが…高騰がものすごい😵

ガブリアスギラティナGX(拡張パック「ジージーエンド」収録)

プラチナではギラティナが支配する「やぶれたせかい」をシロナとともに冒険します。「やぶれたせかい」を歩くドキドキ、そしてギラティナの恐ろしくもクールなフォルム...
プラチナの印象深いシーンから、このカードもシロナを想起させるものとしてコレクションしています。

プラチナをプレイしたことがあり、「ストーリーが印象に残っている」「ギラティナが好き」という方にもオススメできる1枚です。

f:id:nao_70:20210131025118j:imageガブリアス&ギラティナGX

(右はSRの写真です。ポケモンカード公式より)

ミロカロス

シロナの手持ちポケモンであるミロカロスのカードです。ミロカロス・コレクターの方から買いました。ミロカロスは好きで、他にも何枚か集めています。

ミロカロス自体も大変人気のあるポケモンですね。初登場のルビー・サファイア・エメラルドでは、進化前のヒンバスを釣りで入手するのすら難しく(エリアのうち特定の6マスでしか釣れない)、進化させるにも美しさを上げなければならないという超レアポケモンでした。

f:id:nao_70:20210131025110j:image

最後に

魅力いっぱいのシロナは、たくさんのカードが存在しています。また、シロナとそのポケモンガブリアスルカリオなど)をコンセプトにしたデッキもありました(今はスタン落ちしてしまいましたが)。

次はこのシロナ↓を手に入れたいな〜、なんて考えている今日この頃です笑

シロナ(出典:ポケモンカード公式

シロナは人気キャラということもあってか、カードの値段はジワジワと上がっているようです。「シロナ様を手元に欲しい!」と思われた方は、ぜひ購入を検討してみてください!笑

20周年記念のリザードンがカッコいい!【ポケカ】

ポケモンカード20周年を記念して発売されたパックに封入されている20thリザードンを紹介します!

自分はポケカをぼちぼちコレクションしていますが、その中でも特に思い入れのある1枚です。

20thリザードンとは?

2016年9月に発売されたポケットモンスターカードゲーム 拡張パック 20th Anniversary」から出る1枚です。

www.pokemon-card.com

このパックは、ポケカ20周年記念ということで第1弾拡張パックを再現したデザインになっており、カードでも昔の絵柄が多く採用されています。

このリザードンも絵柄や特性、技名などは昔と同じで、独特の雰囲気が素敵です。

f:id:nao_70:20210129001536p:plain(出典:ポケモンカード公式

しかしながら、わざの威力は現代の環境でも通用するように100→200へと修正されています。(対戦で使う人はあまりいないと思いますが笑)

 

自分は、このリザードンをパックから自引きしました💪 友人とポケモンセンターに立ち寄った際に記念として1パックだけ買ったんですが、そのパックから超当たりカードを引きました!スクリューダウンに入れて、今も大切に飾っています。

f:id:nao_70:20210129000652p:plain

20thリザードンの価格が上がっていてビックリ!

リザードンは屈指の人気ポケモンということもあってか、シングルカードの価格は他のポケモンに比べて高くなっています。20thリザードンも例外ではなく、高い値段が付けられています。

オンラインのカードショップで調べてみたところ(2021年1月現在)、

遊々亭19800円

駿河屋19300円

カードラッシュ22800円

と、2万円前後で販売されていました😱 半年前に調べた時は、1万円ほどだったと思うのですが...さすがは大人気ポケモンリザードンですね。

メルカリでも1万円〜2万円ほどで取引されているようです。

限定版なので再録はないでしょうし、値段が下がるとはあまり考えられないです。欲しい方は今のうちに手に入れてはいかがでしょうか!

※自分はカードの転売は全くしておらず、純粋にコレクションとして集めています。

かいりきポケモンリザードン

リザードンポケカといえば、「かいりきリザードン」も印象的ですね。

これは初期のポケカ(裏面が現在とは違うデザインの通称「旧裏面」)で、その中でも最も貴重&高額なカードの1枚です。

本来は「かえんポケモン」なリザードンですが、「かいりきポケモン」となってしまったエラーカードです。数年前までは数万円で取引されていたみたいですが、現在メルカリでは40万〜50万円ほどで出品されています!

入手するのは夢のまた夢...笑

最後に

20thリザードンは貴重ですし、デザインも素晴らしくカッコいいです。リザードン好きな方は値上がり前に購入してはいかがでしょうか!

ダイヤランクに上がれました!嬉しい!【MTGアリーナ】

MTGアリーナを始めてまだ10日ほどですが、どハマりして毎日3時間はプレイしています...笑

今日、ランク戦スタンダードでダイヤランクに昇格することができました!!!😆

 f:id:nao_70:20210127034526p:plain

プラチナ1で「あと2勝すれば上がれる!」という場面から何度も負けまくり、心が折れそうになることもありました...

今日23時からぶっ通しで3時間ランク戦スタンダードに潜り続け、最後は3連勝でダイヤランクへの昇格を掴み取りました🙌

昇格をかけた対戦で起きた奇跡

昇格がかかった最後の対戦は、相手が黒緑のアグロデッキ、自分はこの記事のニッサ・デッキでの勝負でした。

nao-70.hatenablog.jp

盤面は長らく膠着していましたが、相手が硬鎧の大群(土地を出すたび自分のコピーを作る上陸能力持ち)を召喚!

(出典:MTG公式

さらに相手は渡る大角(変容するたび土地を出せる)などを出し、あっという間に硬鎧のコピーが8体も並ぶという絶望的な状況...

(出典:MTG公式

「自分はダイヤに行けないまま終わるのか...?」と半分諦めている中回ってきた自分のターン、

 

ドローするとそこには虐殺のワームが!!!

(出典:MTG公式

 

相手の硬鎧コピー8体を粉砕し、奇跡の大逆転勝利を掴むことができました😭

これはもはや運命…!虐殺のワームに感謝の気持ちを込めて4枚揃えようと思います笑(神話レアですが)。

最後に

上級者の方々からするとダイヤランクはまだまだ低いかと思いますが、自分はめちゃくちゃ喜んでしまっています笑

もうすぐ今シーズンは終わるみたいなので、次シーズンは一番上のミシックランク目指して頑張ります💪

影さす太枝のニッサを使いたい!緑黒・再来デッキ【MTGアリーナ】

ゼンディカーの夜明けの顔なのに、全然使われていないニッサを使いたい!!!

優秀な能力を持っているはずなのになぜか使われていないニッサを使うべくデッキを組んだので紹介します。

※まだMTGアリーナを始めて10日ほどなので、言葉の誤り、めちゃくちゃなロジックなど至らない点も多々あると思いますがどうかご容赦ください🙇‍♂️

目次 

 デッキ内容

f:id:nao_70:20210126010524p:plain

 

 

デッキリスト(コピーするとMTGアリーナにインポートできます) デッキ
1 自然への回帰 (THB) 197
9 沼 (KLR) 293
4 ラノワールの幻想家 (M21) 193
3 再来 (IKO) 177
10 森 (KLR) 300
3 影さす太枝のニッサ (ZNR) 231
3 髑髏の予言者 (IKO) 206
1 疾病の神殿 (M21) 253
3 血の長の渇き (ZNR) 94
2 無情な行動 (IKO) 91
1 忘却の虚僧 (ZNR) 118
4 ジャングルのうろ穴 (M21) 247
1 長老ガーガロス (M21) 179
1 怪物の代言者、ビビアン (IKO) 175
3 豆の木の巨人 (ELD) 149
1 茨のマンモス (ELD) 323
1 変わり樹の共生 (ZNR) 215
1 鎖を解かれしもの、ポルクラノス (THB) 224
1 虐殺のワーム (M21) 114
2 取り除き (M21) 97
3 タイタノス・レックス (IKO) 174
2 自然への回帰 (ELD) 173

 

 

 

キーカード紹介

  1. 影さす太枝のニッサ

    このカードを使うべくこのデッキを組みました。笑
    (出典:MTG公式
    上陸スキルを持っており、土地を出すたびに忠誠カウンターを1個置けます。
    +1能力は「土地をアンタップして、速攻と威迫を持つ3/3のクリーチャーにしてもよい」で、
    -5能力は「マナコストが土地の総数以下のクリーチャーを、+1/+1カウンターを2個置かれた状態で手札か墓地から召喚する」というものです。

    影さす太枝のニッサが強い点として、
    ・3/3の威迫持ちを毎ターン作れる
    ・土地をアンタップすることで、追加で呪文を唱えられる
    ・上陸させることで-5能力をすぐ使える
    が挙げられます。
  2. タイタノス・レックス

    (出典:MTG公式
    このデッキのエースです。ゴジラ版のイラスト(右)があります。
    11/11という驚異的なパワーに加えて、サイクリングで自分から墓地に行ってくれるため切削して落とす必要がない点も優秀。序盤ではドロー手段として使えます。
    墓地から復活させるコンセプトのデッキを探していた時に、このカードを主軸にした蘇生デッキを組んでいる方を見つけて参考にしました。

  3. 墓地から蘇生する呪文

    ニッサの-5能力が決まらない場合も多々あるため、その他の復活手段を用意しています。(ニッサより再来の方がよく使う...真のキーカードかも笑)
    再来
    (出典:MTG公式
    墓地から戦場に戻すだけでなく、相手のクリーチャーと格闘を行います。大型クリーチャーを戻すことがほとんどなので、格闘で1体除去できるのも強いです。

    忘却の虚僧
    (出典:MTG公式
    キッカーして6マナ支払って召喚することで墓地からクリーチャーを1体復活させます。序盤に引いても2マナで出せる威迫・絆魂持ちなので、時間稼ぎ要員としても優秀です。数値が低いのは弱点ですね。
  4. タイタノス・レックス以外のクリーチャーたち

    豆の木の巨人
    (出典:MTG公式
    パワーとタフネスが土地の総数と等しいので、後半になるほど強くなっていきます。クリーチャーとして優秀なだけでなく、3マナで打てるマナ加速呪文としても重宝します。

    虐殺のワーム
    (出典:MTG公式
    小型クリーチャーやトークン、硬鎧の大群コピーが大量に並んだ状況を一気に覆すことができます。

    長老ガーガロス
    (出典:MTG公式
    到達・警戒持ちで、攻撃orブロック時に「トークン生成/1ドロー/3点回復」から1つ選べる便利なカード。

    茨のマンモス
    (出典:MTG公式なぜか英語版しかなかった…
    自身や他のクリーチャーが戦場に出た時、相手クリーチャーと格闘します。

方針

序盤は除去呪文で凌ぎながらマナと手札を整えて、中盤から優秀な中型〜大型クリーチャーで圧倒するプランです。

クリーチャーを召喚する手段として、

  • 墓地から蘇生:ニッサ、再来、忘却の虚僧
  • マナ加速して素で召喚:豆の木の巨人

の2通りを組み合わせます。

 

このデッキの課題

相手への対応が除去呪文頼みになっている

クリーチャーの回収・復活手段は十分あるものの、インスタントやソーサリーを回収できません。そのため、序盤に除去呪文を連打してしまうと、中盤以降に出てきた相手のキーカードに対処できなくなります。

また、手札に除去呪文が全然来ず、押し切られて負けるパターンが多くあります。 

クリーチャーを色々入れすぎ?

色々なクリーチャーを入れた結果、必要な時に必要なクリーチャーが引けません。

「虐殺のワームを引けたら勝てるのに…」
「相手が飛行クリーチャー並べているのに長老ガーガロスが引けない!」

などなど、カードの引きに左右されることが多いと感じます。

最後に

まだまだMTGを始めたばかりなので、楽しくプレイしながらデッキを改良していきたいと思います!コメントでアドバイスいただけるととても嬉しいです☺️